暑い時期になると、怖い話がボチボチと出てきますよね。

少し霊感のある自分は深夜に徹夜で事務仕事をしていた時に、二人見たよと朝食終わりの休憩中に話したら、30代の女性が本気で怖がっちゃって焦りました(・_・;)

店の出入り口に塩を盛っちゃうし(笑)

いや、中にいるのに、塩を盛っちゃったら出て行けないじゃん!
と、おじさんと二人で大爆笑してしまいました。

この女性、過去に自分には信じられない体験をしていたそうです。

二人お子さんがいるのですが、下の子が窓からおじさんがこっちを見ていると、夜中に言い始めて、自分が見ても何も見えない?

やがて上の子がひきつけを起こして、救急車で病院に運ばれたそうです。

恐らくおじさんは、そのことを伝えに来たんだと思うのですが、女性は恐怖しかなかったと言っていました。

彼らは何もしない、というか出来ません。

物を動かしたりするのは、誰かに憑依してその体を借りないと動かせない…つまりは体を借りられれば何か出来る。

実際にそういうお話は多くあります。

恐山のいたこの笑い話で、ジョン・レノンを呼んでもらい、ジョン・レノンが降臨して、あなたはジョン・レノンですか?
と聞いたら
んだんだ。
と返答したという(笑)

そんなこともあり、今後は怪談話禁止令を出しましたので、女性も安心して仕事が出来ると思います。

でも、あんなに怖がるとは思わなかったです。