病院にも通院していても、
自分が「うつなんか何なのか、分からない」と思う時期がありました。

それで、テレビで運良く光トポグラフィーの番組を観まして。

検査は簡単です。

ヘッドギアみたいなものを頭に装着して、脳の血流を計って、数値としてうつ病かそうでないのかを、数字で見られるのです。

幸運にもトポグラフィーという、機械が通院先の病院にありまして、実際に受けてみました。

看護師さんが、
「あからはじまる単語を言ってください。」
そんな質問に答えるだけです。

検査は十分程度だったと記憶しています。

結果、異常が見付かりました。

検査結果は明日のブログであっぷします。

自分の場合、有り得ないことが起きていて、医師も〇じゃなくて、△マークを付けてくれました。

なお、光トポロジーは保健対象外なので、じっぴです。

かかりつけの医師に訪ねたら、あんまり期待しない方がいいよと、言われましたがちゃんと数字で見られて納得しました。

この、続きはまたの機会に。

では、おやすみなさい。