助成金制度の期間に縛りがることを、書き忘れていました。

最初の交付から一年半の期間という、縛りがあります。

交付金を貰い、自宅療養して復職してから再発後しても、最初の交付から、一年半の間のみ支給されます。

例えば四月に交付金をもらい始めて、十月に復職、翌年の四月に再発した場合には翌年の十月までしか、交付金は支給されません。

怪我をしたとか、手術で治る病気ならこの期間の設定も納得出来るのですが、精神疾患の場合は特例を作ってもらえないかな?と思っています。

自分の勉強不足かも知れませんが、今の段階では一年半縛りがあると考えます。

今日は短い文章ですみません。

光トポロジーの結果については、判定書を掲載して、実際にはどんな回答がもらえたのかをはなしたいと思います。