毎月末尾は棚卸し。

これで今月の材料費が決まるわけです。

仕入れ+前の月の棚-今月の棚=今月使った材料費となります。


先ほどやっと数字が見えました。


やはり思った通り、材料費が下がりました♪


原価低減=利益の増加となります。


利益が出れば、店のなかで老朽化した物品を買い換えることも出来ますので、管理職としては腕の見せ所となります。


が、しかし、売り上げ予算は残念ながら達成出来ませんでした( ̄▽ ̄;)


まぁね、お客さんが少なかったから仕方ないんですけど…


こういう宿泊施設だと、店単体で営業活動が出来ませんので、なかなか難しいところです。


原価低減の方法について、少しお話しします。

要は材料費を減らせばいいのです。

一番悪いのがやり易いのが内製化です。

例えば五目ご飯などで、レトルトパックの五目ご飯の素を使っているなら、具を内製化すればかなり原価を下げられます。

あとは材料の見直し。

一番の材料費を使うのが米です。

手っ取り早いのは米を水に浸けておく時間を伸ばすと、米の膨張率も上がるので、使うお米を減らせます。

その他にも店の経費を削減出来ることもありますが、そこはおいおい話していきたいと思います。

あとは月次資料を作らねば!