ネタバレ注意

端的に語ると、フェローが自分のミスで何もかも起きたのだと自責の念に囚われ、あまりいい結果とはなりませんでした。

調査委員会の場でも、フェローの失敗は棚上げされ、他のスタッフには処分が下されます。


フェローは自責の念に囚われて、落ち込む一方。

フェローは自分で処方箋を書き、他の医師がかいたように見せかけて、睡眠導入剤を入手。

薬の多さを注意されるが、時すで気遅しフェローは電車事故で、瀕死の重傷を…


で、問題。

処方箋を見ましたが、ハルシオンとマイスリーしな描いていませんでした。

自分の場合は多過ぎて、よそ様へはとても出せずに院内処方となっております。


まぁそれだね、じゆうしょうなんでしょうがね…

来雌も楽しみにしたいと思います。