うつ病、男の日々

自分はうつ病になり、早18年になります。 投薬治療を継続中の病人です。 ここでは、今までに経験してきたことを、日記形式で綴っていき、同じような境遇にある方の助けになればと思います。 また、ご家族の方にもうつとはどんな病気なのかを理解していただけるような、そんな場所にしたいと思います。 と言ってましたが、ほぼ雑記なってしまったこと、どうぞご理解下さい。 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

2016年10月

今度は腸炎に(・・;)

咽頭炎がやっと落ち着いたと思ったら、軟便になり…腸炎になりました。

腸炎と言うと大袈裟かも知れません。

風邪の菌が原因で腸炎になった模様です。

やはり人間って、キチンと生活をしないと免疫が落ちるのだと思います。

特に睡眠は大切だと思い知らされました。

もう何年も睡眠薬を使って、寝ているので「よく寝たなぁ」と朝起きて思えたことが、ほぼ有りません。

先日は咽頭炎で、解熱財をもらってきたらぐっすりと寝られましたが、このような寝たなぁ、疲れが取れたなぁと感じることは全くと言っても良いくらいありません。

大抵この時期になると風邪にかかるのが、年中行事の一つになっています。

すいみんやくでの眠りには、体を休める作用は無いように思います。

この2月から続いている倦怠感、そして午後から勤務にも会社に迷惑をかけてしまってますし、しっかり休みたいと思うのですが、なにせ稼がなければならない身なので、どうしたものかと考えております。

こうして日記を付け始めたのも、自分自身の体の記録をつけておきたかったことが、大きな理由です。

今の仕事は不規則で、日曜日だけ朝四時半に起きなければならないし、仕事が集中すると残業が半端なく、体も持ちそうも…という内容は過去に書いたので省略します。

少し勉強を始めました。

精神的な悩みに繋がるであろう、霊的な分野の勉強です。

まだまだ語れるような教養は無いので、もう少ししたらここに書いていこうと考えております。

ほん者の締付けも厳しくなってきたので、午後から勤務もNGとなるんだろうなぁ。

先を考えると頭が痛いです。

明日は昼には出勤して、早めに帰ってきて、早めに寝ようと思います。

咽頭炎治らずに評判の良い病院で診察してもらいました。

全身筋肉痛となり、ただの咽頭炎?と思ったので、他の病院で診察してもらい、インフルエンザの検査を昨日してもらってきました。

結果は陰性でホッとしました。

しかし、筋肉痛が酷くて起ち上がるのがやっとの状態です。

さすがに休みすぎたので、これから店に言って溜まっている仕事を処理してきます。

処方された薬が体にあっているようで、薬が聞いている間は、とても楽です。
(解熱剤にはロキソニンを処方されました)

実はかかりつけの病院で診てもらった医師が、いつもお世話になっている医師ではなくて、代診の若い女性で人の顔も見ないで、症状を伝えると、喉を見ただけで風邪ですね。

で、カルテを書き始めて、薬を出しておきますので、睡眠を充分取って下さい。と言って終了だったので、印象がとても悪かったこともあり、昨日は少し評判の良い病院に行ってきたのです。

評判我良いだけあって、患者さんがたくさんなのですが、待合室にはフカフカのソファーがあり、自分は待っている間に少し寝てしまいました。

診てもらったいしも若く、インフルエンザの話をしたら、すぐに検査をしてくれたし、次からはここに来ようと思いました。

帰ってきて解熱剤を飲んだら、すぐに寝られてカラダが楽になったし、やはり慣れた病院ばかり行かないで、評判の良い病院通いあったら、そっちに移ったほうがいいんだなと、良い経験をしました。

ということで、これから店に行ってきます。

咽頭炎になってしまいました。

土曜日から喉がおかしいなぁと思っていたら、昨日になって熱が38.2度の高熱&喉の痛みに…

今日は昨日に比べて痛みの弱くなってきて、ただ熱が下がらず(-_-;)

筋肉痛も凄いし…

いや、睡眠導入剤を変えた話はしましたが、これが効きすぎて、寝るときに本を読んで寝ているのですが、意識がなくなる前に布団に入って寝るのがいつものパターンなのですが、この日は寝落ちしてしまい、何もかけずに寝てしまいそれが原因でカラダを冷してしまいました。

それに、最近のひると夜の気温性激しいときたものだから、一発でアウト。

発熱は毎年冬場に発生させていましたが、まさか年内にとは…

元々喉が弱いので、うがいを欠かさずにしていたのですが、やっちゃいました。

うつのほうも、季節の変わり目なので気分障害が少し出てきており、ブログ喪少し飛び飛びになっています。

ツイッターでの友人も、深夜の過食が酷いと言ってますので、苦しんでいる人が多いいんだろうなぁと想像しています。

自分はとにかく咽頭炎を早く治して、仕事に復帰しなければ(-_-;)

新しい薬に慣れた&好きなことを探し。

先週の火曜日から新しい睡眠導入剤に切り替えたのですが、副作用が酷くて困っていたことは日記に上げました。

だんだん薬にも慣れてきたようで、昼間の眠気のほぼ無くなってきました。

ただ、それと同時に寝つきも悪くなり、昨夜は四時まで寝られませんでした。

左手の痺れも回復しつつあり、薬の耐性がついてしまったのか?カラダが副作用を抑止し始めたのか?いまのところ良く分かりませんが、とりあえずは落ち着きました。

心を落ち着けて、楽しめることをずっと探していますが、未だに見つけられなくてまいっています。

子供の頃は宇宙に興味があり、本を読んだり実際に天体観測をして楽しんでいましたが、視力が落ちてしまい、肉眼で見上げる空は何も見えず、メガネをかければ三等星までが限界で、双眼鏡で見るられるような場所もなく(絶対に怪しまれる(^o^;))、宇宙関係の本を読んでも既に知っていること以上になると、数式が解けないと理解出来ない内容、そしてイメージ力がないと頭の中で形に出来なくなっています。

いずれも老化が原因だから、どうしようもなく何かないかな?と考え始めました。

好きなことを見つけるということが、年齢によって絞られてくるなぁと、再認識しました。

あとはやる気の問題なんだろうな。

料理も好きなので、料理を科学する本なんていうのも見つけたから、余裕が出来た買って読みたいと思います。

でも、宇宙は楽しいからどうしたらこの先楽しめるのかを考えようと思います。

昨日は新しい薬を飲まずに出勤。する前に映画鑑賞(自宅で)

新しい薬、効きすぎるので昨夜は飲まずに通常飲んでいる薬だけを飲んで…四時頃寝られました。

起きたのは八時…寝不足で体もうまく動かなかったのですが、土日は店が忙しく&事務員さんも休みなので、午後から出勤しました。

昨日も書きましたが、左手に力が入らずいつもはまな板を片手で持ち歩いているのに、今日はそれが途中で手を離してしまい、床に落とすという大失態をやらかしてしまいました。

しかも、お客さんの目の前で(^o^;)

朝起きて普通はトイレに行ったら寝られるのに、今日は寝られなかったので映画を見てしまいました。

題名は忘れましたが、シックスセンスの監督の作品で、人間がバンバン自殺していくという奇妙な内容で、ネタバレですが逃げている主人公とか一緒に農家のおじさんがいます。

彼の説では草木はときに、自分を守るために毒ガス…とは言っていませんでしたが、自己防衛するために何やら気体を放出するらしいと。

初めに事件が発生するのはセントラルパーク、そして段々と範囲を広げていき大都市はほぼ壊滅。

どうやら人が集まっている場所が攻撃対象になっていることも、徐々に判明していき最後には数人ずつに別れて歩いて逃げるのですが、人数の多いチームに異変が起こり、主人公のチームはいろいろと有りましたが、最後には主人公とその妻、主人公の同僚の子どもの三人が生き延びて、殺戮は終了します。

そして三年後、主人公の妻が妊娠検査キットで妊娠を知り、主人公が妻のもとに歩いて結果を知って二人で喜んだ様子が描かれて、とりあえず映画は終わるのですが、場面は変わりロシアの公園に切り替わります。

ここでも、映画の冒頭のような光景が始まりそうというところが、ラストカットでした。

何が言いたかったのか、人間は自然に優しくしてこなかったとか、人口が増えすぎたから自然がバランスを取るために、人を殺したのか?

なーんて映画をみて1時間半は直ぐに経ってしまい、出勤してまな板を落とすという(-_-;)

この監督、本当に独特な世界観を創るなぁと改めて感心しました。

また作品があったら、見ようと思いました。

明日は早朝からの仕事…早く寝ないと…
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ