うつ病、男の日々

自分はうつ病になり、早18年になります。 投薬治療を継続中の病人です。 ここでは、今までに経験してきたことを、日記形式で綴っていき、同じような境遇にある方の助けになればと思います。 また、ご家族の方にもうつとはどんな病気なのかを理解していただけるような、そんな場所にしたいと思います。 と言ってましたが、ほぼ雑記なってしまったこと、どうぞご理解下さい。 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

2016年10月

新しい上司が来ました。

新しい上司と旧上司が来ました。

旧上司は自分が出勤する前に、既に来店しており休憩室で携帯でTV観てました(-_-;)

もう六年以上の付き合いなので、あれやこれやと思い出話をして、いろいろあったなぁと話に花が咲いて二時間くらい話をしていました(^o^;)

別の店舗の店長から電話が入り、新しい上司がこっちに来たと(・o・)

はい、早速のポカあーあーあーあ。

旧上司の方にも連絡が入ったらしく、遅れるとよと(笑)

聞けば昨日は奈良にいたという事で、あちこちの店鋪で問題が多発中とのこと…今の店長連中は、なかなか良い人材確保居ないと嘆いていました。

ここは自分に任せると言ってくれたし、旧上司からも、ここはほっといても店長が鋭いので
大丈夫だという助言もあり、引き継ぎも無事に終了しました。

最初に努めた会社のイメージがあったので、引き継ぎ時にはいろいろと質問を受けるかと思われましたが、新しい上司がクライアント様との挨拶時に、自分と笑顔で話していたことも評価されたようで安心して帰っていきました。

食品業界って、どこもかしこも本当に人材不足の上に材料が値上がりしていて、本当に辛い業界になっています。

昨日は出方を見ると言いましたが、新しい上司はバックアップしてあげないと、長くないなと感じましたので、今後は良い数字を作っていこうと思いました。

緊張していたせいもあるのですが、帰宅して疲れがどっと出て、少し倒れてしまいました。
(^o^;)

明日は新しい上司が来店予定。

今日も昼過ぎからの勤務となりました。

と、その前にずっと右手の握力が持続しなかったのですが、とうとう左手にも影響が出てきました。

A4用紙を一枚持って、考え事をしているとあれ?と言う間に床に落としたり、ファイルを持ち上げようとすると、ファイルが滑ったりしていたのですが、それが左手にも症状として出てきました。

左手は痺れているなぁと一週間くらい前に自覚してました。

何年か前に接骨院に行ったときに、肩甲骨を回すように言われました。

その時は40肩のような状態で、右腕が痛くて上がらなかったのですが、今は痛みも無くなって肩甲骨を全然意識していませんでした。

でも、薬の説明書きを読むと筋肉がうまく働かなくなるような副作用があると書いてあり、これが、原因だと思いました。

それから、時々物忘れをするのですが、昨日医師に聞いてみたら、薬の副作用でよくある症状だとのことで、安心…していいのやら、複雑な心境になりました。

さてさて、明日は会社側新体制になり、上司が変わって引き継ぎで来店予定となります。

新しい上司というのが、以前から知っている人なので、特に気張ったりはしません。

でも、上司となると話は別になります。

明日は少し早く店に入らないと生けないので、今夜は新しい薬は飲まずに、寝ます。

話が飛びますが、血液検査の結果で三年連続で肝臓の数値が酷いことになっています。

薬のせいかと医師に聞きましたが、そこまで酷くはならないということなので、かかりつけの医者で観てもらおうと思います。

プチ情報だと、睡眠をしっかり取らないと肝臓には良くないとも聞いたので、診察結果によっては仕事も忙しくない時期になりますので、少し休養を取ろうと思います。

ちょうどいいタイミングで、新しい上司が来るから明日お願いしてみます。

眠剤変えたら、よく眠れました♪それと障害者支援を受けることを勧めます。

昨日眠剤を一種類変えたと書きました。

恐れていた副作用は全くありませんでしたし、久しぶりにゆっくり寝られたなぁと感じました。

もし、薬が合わないようだなと思ったら、医師に伝えれば、直ぐに変えてもらえる…そうでもないかな?

自分はもう一年くらい同じ薬を飲んでいたので、カラダに耐性がついてしまい眠剤が効かない体になっている可能性があるので、医師も直ぐに変えてくれたのかも知れません。

あと、抗うつ剤の一種類を朝と夜に三錠ずつ飲んでいたものを、二錠に昨日の夜から減らしました。

直ぐにいずれの薬も長期的に体調がどうなるのかを観察して、完全減薬を決定したいと思います。

また季節の変わり目に入るし、体調が悪くなることが間違いないこの時期に減らして、問題が無ければ更に減薬を進めようと思います。

それと昨日診療明細を見て改めて、一割負担の恩恵に感謝しました。

ひと月分の薬も含めて、2200円で収まっていること、とても助かっています。

障害者支援を受ける決断をするまでに半年かかりました。

自分は最初はまだ働けるから受けないと、突っぱねていました。

その頃は診察&薬代で月に6000円を超えていました。

それから半年しないうちに出勤出来ない重症となって、初めて申請しました。

今同じような境遇にある方には、早い段階から支援を受けることをお勧めします。

申請は各自治体のHPに上がっていると思います。

決して難しい事ではないし、恥ずかしいことでもありません。
(自分はプライドが高かったんだなぁと後悔しています。)
病気なのですから、そこは社会保険や国民健康保険と一緒だと考えて下さい。

さて、今夜は眠れるかな?

やっと診察に行ってきました。&パンツ購入♪

先週は相棒に不幸があり、出勤だったため診察に行けませんでしたが、今日やっと行けました。

体がダルいことを報告しましたが、特段意見される事はなく、私の仕事にも理解してもらっているせいか、ドクターストップはかかりませんでしたが、休める日があればなるべく長く休んだほうがいいですよ。と言われました。

最近特に寝付きが悪いことも報告し、薬を増やすのではなく、今飲んでいる薬を一つ減らして、新しい薬を一つ増やしてもらいました。

具体名は差し控えますが、調べたところまだ新しい薬らしく、副作用率が高いとネットで調べてわかりました。

変だなと思ったのは、悪夢を見る率が高いということです。
それから、睡眠作用が長く残るため車の運転などには気をつけたほうが良いという、内容のものもありました。

運転中に眠気に襲われるのは、何度もあったため、十分すぎる車間距離をとったり、信号機は歩行者用の信号を見て、車の信号の切り替わりを察知するなど、運転歴30年間(二輪含む)の経験を活かして、可能な限り事故を起こさない運転を心がけています。

あまりにも睡魔が酷いときには、コンビニに一度よって、少し休んでから再スタートするなど、睡魔対策は万全を着しています。

しかも、軽自動車なので事故に巻き込まれたら、完全にアウト…

あとは尿路結石っぽい痛み(経験済み)が、疲れていると出てくるので、これを何とかしないといけませんが、今月も残金が苦しく病院には行けません。

あっ!話は全然変わりますが、パンツがくたびれてきて、一枚は変な力がかかってしまい、破れてしまったので、さすがに買いに行きました。

サンキという、大きいサイズも置いている安売り店があるので、行ってきましたが3Lのトランクスが二枚しか在庫がなくて(^_^;)

ネットで調べたら二枚で2400円とかしていたので、あきらめてその二枚を買ってきました。

メーカーを選ばなければ、あったのですが下着とジーンズ、靴下、靴はメーカー品にこだわるので、ついでにアディダスの靴下も買ってきました。

値段はパンツ画999円で、靴下は三枚で1100円。

4L以上は在庫がけっこうあったのですが、そこまで太っている人はいないんだろうなぁ、と考えてしまいました。

TシャツもHanesが安売りしてましたが、全部Vネック(買わないよ)…

また日を改めて、パンツをゲットしに行きます。

とりあえず、何もなく無事に終了♪

昨日の件で、どう出てくるのかと構えていましたが、そのまま帰られました。

団体の中に、しっかりした人がいたのかな?

お前それは違うだろうという、言いがかりを付けてくる人って、だいたい女性で60〜70代が多いい傾向があります。

食餌提供も終わり、事務仕事をしているとホールが濡れているとクレームがあり、行ってみると自分でコーヒーをこぼしていたケースがありました。

「これ、水ですか?」という問いかけに何人かで無視して話を続けている。

逆に今の小学生の親の年代の方は、悪いことをした子どもに注意をすると、親が謝りに来るという(子どもに謝らせろと言いたいが…)変な事態になっています。

基本、お客様はお客様なので、それ相応のタイ王を常に心がけていますが、それでも?がつく事が起こります。

昨日の怪我をした団体さんの対応に、クライアントさんは来週追われる事になるんだろうなぁと思っています。

怪我をした経緯を書くと、どこの団体か分かってしまうので、書きませんが普通有り得ないことで、怪我をしています。

今回は食堂への被害は直接的にはありませんでしたが、あまり言いたくないけど知的障害者の団体なら、きちんと統率が取れて常識的な人が最低でも一人は居ないと、出入り禁止にせざるを得ないのではと、個人的には思いました。

難しいところではありますが、今回の一件でクライアントさんも今後どうするかを、明日は話をすると思います。

食堂の従業員には、注意喚起を出しました。

とは、言うものの介護職じゃないんだからと言うことになります。

団体でいるときには、しっかりとしていたので、個人で動いているときが危ないことを勉強したので、これからはそこに重点を置いて、見張りましょうと、落としどころはそこだと思います。

明日は早朝からの出勤なので、朝番に怪我の詳細を展開して、支持を出します。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ