うつ病、男の日々

自分はうつ病になり、早18年になります。 投薬治療を継続中の病人です。 ここでは、今までに経験してきたことを、日記形式で綴っていき、同じような境遇にある方の助けになればと思います。 また、ご家族の方にもうつとはどんな病気なのかを理解していただけるような、そんな場所にしたいと思います。 と言ってましたが、ほぼ雑記なってしまったこと、どうぞご理解下さい。 amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

2018年02月

タバコのキャンペーンで1000円当たった♪財布のラッキーカラーは黄色じゃなくて紺色!

タバコのキャンペーンとは、ラークの1mgシリーズがキャンペーン中で、箱に書いてあるシリアル番号を入れて、ルーレットを回すのですが、1人当たり5000円が上限で5000円になるまで、何回でもルーレットを回すことが出来ます。


自分は10mgのメンソールが好みなので、こっちはこっちで1箱ずつポイントが溜まって、景品に応募すると、抽選で何かが当たるというものです。


アルバイトの方が1mgシリーズを愛用しているのですが、1発で5000円が当たってしまったらしく、もう使えないのでコードを使って下さいと、切り取った箱を4つ持ってきてくれました。


で、ラークのサイトで早速コードを入力してルーレットを回しました。


4回回した結果…1000円が当たりました!


で、この1000円なのですが受け取りがEdyやらの電子マネーのみなので、ガラケーでは対応しているのかな?


自分はスマホなので、Edyにすぐにチャージして、入金完了しました。


裏面のコードは今までの捨ててきたので、これはバカに出来ないなぁと。。。


アルバイトの方から情報を貰っていなかったら、今までと同じようにただ捨てていたと思うので、ありがたい情報を貰って喜んでいます。


財布を変えたと書きましたが、紺色の財布が金運は上がると、リンクを貼りますがこの本に書いてありまして、買い換えた途端にEdyで1000円。


レビューには具体的な色の記述が無いので書きました。


またそれ以上の情報も書いてありまして、読みやすいのでお勧めします。




更にこの財布を買うと、決めて注文し終わり毎回買っているロトくじの当選確認をしたら、1000円当たっていて「そんなことあるの?」と驚いています。


ロトはいちいち買いに行くのが面倒なので、1ヶ月分をまとめて買っているので、当たりくじは財布を買う前に決めた数字で当たっていたことになるので、運を引き込んだのかな?


バレンタインジャンボも買っておいたので、これが当たれば…当たってくれぇ!と願うばかり。


ロトは続けて1000円当たっているので、今年はこのままお金が寄ってくるといいのですが…


ロトはあと1ヶ月分あるので、こっちはこっちで当たって欲しいものです。



amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カーリング女子のそだねー。良いじゃないの、子供が真似しても…

何やら夜の母親か、カーリング選手の北海道弁を子どもが真似するのを嫌っているようです。


子どもは流行に敏感というか、面白いと思ったら真似をして、友達とのコミュニケーションに良く使いますよね?


自分が子泥の頃は、俺たち、ひょーきん族やドリフの真似して遊んでましたもん。


子どもの文化のようなものですから、そこに母親が入ってきて、あれはダメとか言っちゃうのは、おかしいと思うのですが?


子どもには子どもの世界があるのだから、言葉遊びのレベルなのに親が抗議するって、昔の一部の「私の子どもは上品なんです。」って言っていた、周りの子どもから嫌われる母親だと気付いてないのかな?


自分が子供の頃を想像すれば、あら真似してるwww


って、笑ってあげれば良いだけだと思うんですが?


まさか大人になっても、使い続ける言葉じゃないんだから、いつか止めるしあの頃はあんなことあったよね。と、懐かしむ未来があるのだから、そんなことよりオリンピック中継を見せて楽しませて、記憶に残してあげるのが、親の務めじゃないのかな?と思います。


ひょーきん族は真似したら、先生にこっぴどく叱られた思い出はあるけど、あれはあれで今はいい思い出になってます。

(真似したのが懺悔の部屋で、教室が水浸しになりましたwww)

シフトを間違えて、180人分の仕込みを1人でやるハメに…

明日から180名様の宿泊。



なのに、お客様が居ないからとシフトを誤って自分一人の出勤にしてしまい…1人で仕込みをするハメになりました。


と言っても、タマネギ6キロ、人参2キロ、キャベツ3キロ、ピーマン500g、それから千切りキャベツ(当日にスライサーでカット)用にキャベツを10キロ、それぞれを料理毎に切り方を分けてカットしました。


まぁ、量的には大した物では無いので、通常なら2時間あれば終わる仕事です。


しかし、うつ絶好調だったのでほぼ倍の4時間もかかってしまいました。


逆に誰も居なくて、誰にも見られずに、効率の悪い仕事が出来たのは良かったのかも?


普段は野菜のカットはパートさん任せなので、半年ぶりくらいに4時間も切っていたら、うつじゃなくても集中出来ないだろうなぁ、等と考えてしまいました。


最近入荷する野菜の質が悪くて、キャベツなんかだと半分くらい捨てないと、葉っぱに張りがなくてとても使えません。


おまけに高いし…価格が上がっても値上げ出来ないのが辛いところです。


さて気持ちを切り替えて、明日も180人分の仕込みを1人で頑張ります!


あっ、頑張りすぎずに頑張ります。

走行距離15万キロ超え、ワゴンR車検完了! お代は、おいくらに?

月曜日に車検に出して、火曜日には出来上がっていたのです。


が、連絡が入ったのが閉店30分前・・・いくら近いとはいえ、寝起き(ちょうど具合が悪く倒れていました。)だったので、運転するのも危ないので、昨日は店が休み。


と言うことで、先ほど取りに行ってきました。


今回の修理対象はブレーキパッド(前タイヤのブレーキ、ATF交換(これは自分の希望)、エアコンのフィルター交換、エンジンオイル、エレメントの交換、後ろのタイヤのベアリング、車のカギのボタン(車のカギを開け閉めするスイッチ)のカバーが劣化して敗れて取れてしまいまして、これの張り替え、以上で、63000円(諸費用は別で33000円)。

トータルで96000円・・・

普通車に乗っていた頃の車検の価格はすっかり忘れてしまいましたが、こんなものだったかな?


ディーラーに出しているせいもあるのでしょうが、たぶん高いと思います。


今はいろいろなところで車検を扱ってますので、安いところは本当に安いです。


では、何故ディーラーに出しているかというと、ワゴンRの前にKEIというやはり軽自動車に乗っていて、このときにはディーラーではなく、車検専門でやっている店に出していました。


この車があと10万キロを少し超えたところで、ミッション(オートマなので正確な表現ではないですが)がロックしてしまいました。


原因はATFの交換をしていなかったこと。


普通は交換しないようですが、自分はミッション車のようにエンジンブレーキやギアーダウンをして運転していたので、ギアチェンジする度に発生する金屑が他の車以上に溜まったようで、金屑が原因でミッションを壊してしまいました。

この車は近くのディーラーで購入し、車検は安い店にずっと出していました。


店長いわく、ATFも車検時に点検して普通は汚れの具合を見るそうです。


やっぱり安い理由は工程を必要最小限にして、人件費を浮かせて価格を安く設定しているのかと・・・他の工程でも悪く言えば手抜きをしているのだと教えられました。


そんな思いを過去にしているので、もうディーラー以外に車検は出さないことにしました。


15万キロも走行出来ているのも、しっかり点検してもらっているからだと思い、少しお高金額ですがこれで安心して走れると思えば、安いものです。


数日前に高いような記事を上げましたが、やっぱり安心を得るためにはそれ相応のお金を出さなければならないことを思い出しました。


もう10年以上お世話になっているお店、今日車を取りに行ったらまだ専門学校出たばかりのような青年が接客してくれました。


お世話になった店長も全く見なかったので、他界してしまったのかもですが、まだまだお世話になろうという気持ちで、出口まで見送ってくれた青年に

「お世話様でした。」

と窓を全開にして、挨拶をして走ってきました。


ふと車を止めようと今までの感覚でブレーキを踏んだら・・・少し踏んだだけですごい制動力!


安心安心♪

うつの地獄を描いた本に巡り会った。

今日は朝から勤務だったので、普段は夜番の自分は朝が弱くて、起床時間もギリギリだったため、着替えてすぐに出発してから


「あっ!薬飲んでない!」


って、なりましたが引き返すのも面倒なので、そのまま出勤してしまいました。


昼くらいになってから、仕事に集中出来ないし何だらイライラするし、変な事を考えちゃう(帰ったら眠剤を大量に飲んで死のう)とか、仕事どころでは無くなりました。


ここは頭を落ち着かせなくてはと、ウォークマンで音楽を聴きながら

「今は動かなくていいから、ゆっくりとして休みなさい。」


と自分に言い聞かせて、ただただ目をつぶって頭が変な事を考えないように、押さえ込みました。


1時間くらい前に帰ってきて、すぐに薬を飲んでじっとしていたら、薬が効いたようで今は安定しています。


もう10年以上の付き合いになる、うつ病。


体験者が自分よりも酷かった、過去を振り返ったエッセイになるのかな?


そんな本を見つけたので、取り寄せました。

少しお値段がはりますので、二日間昼飯を食べなければ買えると思って、買ってみました。


まだ読み始めですが、読みやすいので時間があれば一気に読めそうなほど、表現がわかり易く文章も固くないし、文字も適度に大きいので状況が頭にイメージ出来ます。


みんな苦しんでいるんだなと、変な意味じゃなくて安心しました。


自分よりもしたに見ている訳ではなく、著者が生きてきた環境が酷すぎて、この先どうなるのだろうと思いながら、読み進めています。


思うことは一緒なんだ、ただ自分は家族と同居しているから、出来ないだけなのかもしれないなぁと思いました。


うつを理解するには、少し過激ですが良い本だと思います。




amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
スポンサードリンク
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ