今月の25日に衆議院を解散すると宣言した安倍首相、理由は「国難を突破するため国民の信を問う」ということだった。


が、小池東京都知事が希望の党の党首に就任することとなり、リベラル票がこちらに動きそうだとの報道がネットを中心に流れ始めると、民主党は前原代表が希望の党に吸収されることを望み、事実上民主党は解党。


悪人ズラでお馴染みの小沢一郎さんの自由党もどうやら、小池さんに合流するようです。


現状野党で合流しないことが確定しているのは、共産党くらいじゃないんでしょうか?


小池さんへの風は吹き始めたら、自民も共産もネガティブキャンペーンを始めて、政策どころではなくなってきてしまい。


何やってるんだかと、総選挙で無駄に税金を使うことを決めた自民党が腹立たしくて仕方ありません。


自分も無党派ですが、ぶっちゃけ今の自民党ではとても選挙で圧勝は出来ないと思います。


森友、加計学園問題を国民の目を無視して、強制終了しておいて、自民支持が明らかに減少したら、慌てて追加審議を形式的に開いただけで、これも全てが明るみに出ないまま強制終了。


国難ではなく、自民党が困難な立場に置かれたから、北朝鮮に対する対応で少し支持が回復したから、今のうちに大きな被害が出ないように解散総選挙に打って出ただけとしか、受け取れません。


ここで公明党、国会では自民党と組んで与党になっていますが、都議会では小池さんと組んで…お前らには政党理念というものが無いのか!…


まぁ、ずっと昔から公明党はコバンザメの如く、その時々での政権与党と手を組んできましたから、今更どうこう言うことも無いのですが、あからさますぎていつも笑ってしまいます。


しかし、政治家というものは、選挙に勝つためだったら、恥も外聞も無く行動するものなんだなぁと、今回の選挙に向けた個々の政治家さんの動きから、受け取りました。


安倍さん、完全に読み間違えましたね。


自民の議席が減ることはほぼ間違いないでしょう。


しかし現実に帰ると、政治を任せて安心出来るのは残念ながら現段階では自民党だけだということも、事実としてあります。


まだまだ選挙まで時間はありますので、閣僚経験者や、政治に長く関わってこられた諸先輩方を、希望の党に合流させることが出来れば、自民党一強だった日本の政治にピリオドを打てます。
(過去に自民以外が与党になりましたが二回とも蓋を開けたら残念な中身でした…)



希望の党、歴史は浅いけど優秀な人材や経験豊富な議員さんが集まってくれば、流れを変えることは出来るかなと思っています。


小池さん、頑張って下さい。

風は確実に吹いています!