傷病手当ですが、これは病気や怪我で働くのが困難な場合に、保険ではなく国から生活支援を受けられる制度です。

詳しくはこちらから飛んでみてください。
健康保険協会のページに行けます。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139

まずは書類をダウンロードして、記入事項を書きます。
(自分は十年以上前に書いたので、記憶が曖昧ですが、医師に書いてもらう項目があったと思います。それから、会社に書いてもらう項目もありました。)


うつ病で動けない体となり、住宅ローンや生活費をどうしようと、悩んでいたのですが、頚椎捻挫のために通っていた、整骨院の先生が詳しい人で教えてもらって救われました。


もし、同じような悩みを抱えている方が居らしたら、少しでも助けになればと思います。


しかし、この傷病手当ですが同じ病気なら最高で一年半しか支給されません。


1度休んで給付金をもらい、復帰して再発後また自宅療養しても、最初の休みから一年半という縛りがありますので、ご確認下さい。


この後は自分の生き方で、うまく病気と付き合っていくしかありません。


これと同じように精神疾患の患者には、医療費の負担を1割または無料で受けられる、自立支援が各自治体により、適用される場合があります。


詳しくはお住まいの自治体のホームページ、または直接問い合せてみて下さい。


自分の場合は1割負担に出来ました。


ただ、1年に1度更新申請をしなければいけません。


医師に診断書(フォーマットが各自治体で違うようです)を書いてもらい、自治体に提出します。


自分の住んでいる自治体では、診断書は2年に1度の提出で、次の年は診断書の提出は不要で自分で内容を記述して自治体に提出しています。
(ちなみに自分は診断書を、無料で書いてもらっています。)


うつ病にかかる人は、恐らくこれ以上社会に迷惑をかけたくないと、申請を拒む人がいるでしょう。


自分も2年間拒みました。


でも、うつ病は病気です。


自分が悪いわけではありませんので、是非とも支援を受けて、少しでも精神的に楽になってもらえればと思います。


この制度は精神疾患患者のほば全ての方が受けられるものだと思いますので、他の精神疾患の方も自治体に相談してみて下さい。


2017.5.23加筆しました。