ここのところ、ずっとニュースで流れていた例の1件で、引責辞任という形ですが、横綱 日馬富士が引退を発表しました。


会見をネットで見ていましたが、かなり精神的にもまいっているなぁと感じるほどに、口調も何とも重く感じました。


横綱ですから、暴力はさすがにまずかったと、更に相手の頭に傷を負わせてしまいましたので、致し方ない結果だと思います。


しかし、貴ノ岩への謝罪の弁は一言もなかったのが気になります。


怪我を負った、貴ノ岩。

彼は母国のモンゴルでは、悪者扱いをされていたようなので、日馬富士引退となると更に国では逆風を食らってしまうのでしょうか?


それにしても、貴乃花親方はいったい何を考えているのやら?


場所を休場したことにより、幕下に陥落するのが確実なのに、貴ノ岩を土俵に上げなかったのは何故なのか?


考えてみれば、あんな頭に傷を負っている弟子を、土俵に上げる親方も居ないよなぁと思います。


あれだけの怪我を負わされたのですから、幕下に陥落させるのは止めてくれ、とも言えますので、たぶん肩書きはそのままになるのではと、想像しています。

しかし、モンゴル人の多さに今更ながらおどろきました!


稀勢の里も、あれだけ故障をしていれば長くないとは思っていましたが、早く日本人横綱が出てきてくれませんかね?


日本人として、そう思います。