会社では従業員の健康診断を受けさせることが労働基準法で定められています。


アルバイトさんももちろんその対象となります。


しかし、面接に来る人(定年退職者が多い)に聞いてみると、前の会社で健康診断を受けたことが無いと言う人が多いのには、驚かされます。
(大抵の方は飲食業ですが…)


飲食業界がブラックと言われても、これは仕方が無いなぁと募集をかける度につくづく思ってしまいます。


話を戻します。

で、毎年受診している病院に予約の電話をしたら、予約をお願いしますと言ったら、電話口に出た職員さんから


「3月は最終週の三日間なら予約を受け付けますが…」


切羽詰まって予約をされる方が多数いらっしゃるのでしょう、いきなりシャッターを閉じようとするとは、かなり病院側も対応に困っているんだなぁと。


で、予約は4月に入れたいのですが?と言うと


「あっ!来季ですか。ならどの日でも空いてます」


と、口調も和らぎ、スムーズに予約を取れました。


実は自分も一昨年やらかしまして、毎年3月に健康診断を行っていました。

1月の初めに予約の電話を入れたら、


「3月はもう一杯です。」
と断られて、以後は四月になった経緯があります。

年1回の健康診断の規定から外れてしまいましたが、1ヶ月のズレですので労基が監査に来ても特に問題はありません。


が、頭が痛いのは健康診断でかかる経費…1人で10000円、社員は16000円(^_^;)


だいたい毎年10万円以上はかかってしまうので、働いている人は分からないでしょうが、経営者にとっては頭の痛いところです。


もっと安い診療機関もあるのですが、誤診が多発した経緯があり、今の病院に落ちつきました。


ここは健康診断専門の建屋があり、胃カメラ検査から何もかもその建屋で済んでしまいますので、あっちこっちと移動せずに済むので、とても時間の無駄が無くて良いです。


場所も総合病院の敷地内なので、駐車場もあり、電車やバスなどで移動することなく、受診したら車で帰れますので、これも便利な点の1つです。
(駅からも近いので、従業員さんは沿線に住んでいる人も多いため、何をとっても人に優しい病院です)


社員は調べる項目が色々あるので、朝早くからの診察になるため、この日は毎年朝早く出発しないと、国道が混んでしまうため駐車場で病院が開くのを待つこととなります。)

問診がいつも不運なのですが、院長に当たりまして…あれこれとうるさく言われますが、反論しても長引くだけなので、はいはいと聴き逃して早く終わらせてくれと…


そんなこと言っちゃダメですよね。


今年はしっかりと話を聞いて、実行せねば…