森友問題の全面解決を図るはずだった、佐川氏の証人喚問を今日国会で行いました。


午前午後と見ていましたが、午前中に丸川議員(自民党)の質疑の中で、総理大臣、財務大臣等から改ざんの指示があったのかと問われると、

「ございません」

と、全面的に自民党というか議員からの働きかけについては完全に否定しました。


これは予想していましたが、だろうなぁという感じでテレビを眺めていました。


さてさて野党からの質問になると、働きかけは全く無かったのか?と問われると


「捜査対象になっているのでお答え出来ません。」


延々と


「捜査対象になっているのでお答え出来ません。」


の繰り返しになり、一点突破全面展開を期待していた自分はがっかりしました。


確信に迫る質問にも、回答がこれでは野党や国民の納得が得られるわけもなく、シナリオありきの展開。


一番悪いのは佐川氏だという、安倍さんが常に言っていた「印象操作」も甚だしい展開となりました。


そして衆議院、参議院共に議長は捜査に関わらない事についても佐川氏が、回答しない場面で何も突っ込まずに、会議を続行してしまったことも大問題だと思いました。


これでは、益々自民党の支持率低下に歯止めがかからない事となると思います。


一般人の証人喚問をしたことには意味はあるかも知れませんが、結果が何にも話が進まないという最悪の展開に、一部の国民はデモも起こしたそうです。


総理夫人が関与した事は明らかだと言ってもいいと、状況証拠が言っているのですから、早く正直に話をすべきかと思いますが、何せ永田町のボンクラが考える事はただ一つ「保身」…国民の代表者の頭がこれでは、国民も文書の改ざんをバンバンやっちゃえばいいのでは?


確定申告には間に合いませんが、次の総選挙では政権を任せるにはどうかと思いますが、もう野党に票を投じるしか選択の余地は無いと考えます。


安倍政権は長すぎました…能力はありましたが、自己保身のために死者を出してそれでも非を認めない、こんな人でなしに国は預けられません。


さようなら安倍政権。


混沌とした国となったとしたも、あなたが頭を張るよりは道徳的な国になるでしょう。