80年代にバイクに乗っていた方なら、絶対に知っている、SUZUKIのKATANAですが来年の春に新型が欧州市場で発売となるそうです。

外観は初代に比べると、近未来型の構造でコックピットパネルも全て液晶化されて、タンク周りはKATANAと分かりますが、他の部分を見ると想像が出来ない作りになっていました。


豚づらとあの頃は馬鹿にされていましたが、歳をとる事にあのデザインの良さが分かるようになりました。


今回は1100ccのみの発売となるようなので、是非とも初代のように400ccと250ccも発売…という前に日本でも発売しないかな?


が、タンク容量が17リットルと少ない(そう思うのは俺だけかな?)ので、ロングツーリングよりも街乗りに特化した設計なのかな?


初代のような前傾姿勢のポジショニングではなく、ハンドルが上がった所謂街乗り(あれ?名前が出てこない)タイプのバイクに仕上がっています♪


動画はこちら




いやいや、かっこいいです!