年をまたいで大騒ぎになっている、韓国軍艦から海自P-1へのレーダー照射事件について、韓国首相は年頭の挨拶で、相変わらずの過去のなんだらかんだら(具体的には言いませんが)と共に何癖をつけて、一方的に日本が悪いと受け取れる発言がありました。


まぁ今の韓国国内世論から支持率が低下しているので、世論を鑑みての発言だったのでしょうが、そんなことは知らない日本人からしたら、「もう国交断絶でいい!」っていう過激な反応が出てくるのも当たり前の話だと思います。


日本も韓国との二国間協議をしても、全く話にならないと判断し、米国に相談したが米国としては同盟国間の争いに仲介役をしたくはないそうで、1度は断られたようです。


韓国はこの事件の落とし所は考えているのだろうか?


火器管制レーダーというのは、レーダー毎に周波数特性が違うので、P-1哨戒機が解析したデータは同海域にいた韓国軍艦が発する、レーダーと周波数特性が完全に一致しているので、データをお互いに出し合えば韓国が不利になることは明らかです。


このままでは国際裁判所まで、話を持っていき国際社会に、韓国と日本のどちらが本当のことを言っていたかを判断してもらい、韓国の愚行を全世界に発信することが、日本としてはスッキリするんだと思います。


そして韓国から謝罪を受けてシャンシャンが1番筋が通っていて、ベストな終わり方。


しかし韓国としては、日本が悪いと言ってしまった以上国内世論もあるので、後にも引けず今のままでは現政権が崩壊するのは時間の問題になる。


随分遅くなりましたが、韓国の言い分は北朝鮮の漁船からSOSが出ていたので、救助に当たった…そこに海自のP-1が低空飛行で威圧してきたということです。


P-1は国際法で船に接近する際には高度150mは以上を保つことを守っているし、距離も500m以上離れているので、国際法上何も悪いことはしていないことを追記します。


火器管制レーダーは戦闘機で言うところの「ロックオン」に同じく、攻撃用意があることを航空機に知らせる、平時には絶対に使ってはいけない野蛮な行為です。


今年に入り、韓国海軍が幹部を集めて火器管制レーダーの使用も含めた教育を行ったとの報道もあったので、これは日本に対するごめんなさいの意味もあるのかと受け取りましたが、もうこんなポーズを出しても日本の怒りは収まりません。


慰安婦や徴用工の話もありますし、そろそろ韓国を本気で叩いてもいいのではないかと、自分はそう思います。


韓国から謝罪が来ないうちは、駐韓大使を日本に帰国させ、関税をどえらい率に上げてしまい、相応な制裁を与えていくなど、段階的に韓国さんさようならの方向で良いと自分は思います。


もう甘やかさなくてもいい、日本を本気で怒らせてしまったのだから、何をされても文句は言えないでしょう。