コロナ騒ぎで3月から6月まで丸々3ヶ月も休業となり、気が付けばもう今年も折り返し地点に…


思えば1月後半から中国武漢での様子が報道されていましたが、あの頃は対岸の火事くらいにしか思っておらず2月の上旬から中国人も含むアジアの団体のご利用があり、対策として

『もし体調不良者が出た場合には施設内で一番人が近づかない部屋に隔離する』

決まっていたのはそれだけでした。

結局は体調不良者は出ずに営業出来た…これが人数が多い最後の団体となり、その後はキャンセルの嵐が続き実質3月は来客無し。

本社からの司令で店長も月初、中日、月末の3日間しか出勤するなと人件費削減を狙っての指示。

その後は自宅待機となり、日頃からの体の疲れがどっと出て一日12時間睡眠を貪るようにとり、ついには生活リズムが整い実に健康的な日々をおくるようになりました。

振り返ると朝起きて10分程度で車に乗り眠いまま運転、まだ頭が起きていないのに20km以上を走り出勤、夜も22時くらいまで仕事をして帰宅。

無理してましたね。

思い出すだけで冷や汗が出ます。

日本人は働きすぎていたんだ。

眠い目を擦り、寝不足のまま出勤して仕事して夜も遅くまで働いて帰ったら寝るだけ。。。

今まで働きすぎていた事を反省し、仕事が再開したらしっかり寝て、仕事をすれば効率も良くなる。

コロナが教えてくれたことはとても意味がある。

これからはしっかり休んで、しっかり働いて頑張ろうと気づきました。