メルカリで商品を買ったり売ったりし始めてそろそろ半年。


メルカリの公式配送サービスは主にふたつに別れます。


ヤマト運輸を使った『らくらくメルカリ便』

日本郵便株式会社(郵便局)を使った『ゆうゆうメルカリ便』


ヤマト運輸はPUDOという無人のBOXで荷物の発送及び受け取りサービスがあり、ほぼ24時間(大型スーパー内にあるとスーパーの営業時間内)人に会うことなく品物を発送&受け取りが出来ます。


一方日本郵便は郵便局が閉まっているとLAWSON窓口で店員と荷物のやり取りをせねばなりません。


『ゆうゆうメルカリ便』では発送や受け取り時に人が間に入れなければ今までは不可能でした。


で、先程商品の発送手続きをLAWSONでやろうとしたら…


DSC_0043

はい!こっちも無人になってました👏


『スマリ』というサービスのようです。

今まではLoppiでチケットを印刷し、店員さんに渡すと宛名書きされている印刷物を荷物に添付する作業があり、これが慣れていても時間のかかる嫌な作業でした。


スマリはリーダーにメルカリ画面をかざすと宛名ラベルが印刷されて出てきて、それを荷物に貼ってスマリ本体にある投函口に入れて発送手続きが完了します!!


これならゆうゆうメルカリ便も使い勝手が良くなります♪



だが、ヤマト運輸の方が一つ上で10月1日から取り扱える荷物サイズ及び送料が劇的に変わります!


10.1からヤマト運輸(ネコポスと言います)のサイズが厚さ2.5cmから3cmに変更され、送料も現行の195円から170円に値下げされます。 
(出品者負担の場合)


一方の郵便局の配送は形状が変わらず送料が205円(現在175円)に実質値上げとなる。


ヤマト運輸に軍配が上がることでしょう。


この情報はあまり展開したくなかったので、温めておきました。

何故ならPUDOの稼働率が上がると発送の手続きにセブンかヤマトの営業所まで運ばねばならず、だいぶ手間が増えるためです。


今は携帯の料金を下げる方向で検討しているようですが、こういう事を値下げの材料として使えないものですかね?